So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

小沢氏、現職幹事長のまま検察と全面対決(読売新聞)

 鳩山政権の最高権力者と目される民主党の小沢幹事長は23日、東京地検の事情聴取を受けた。

 過去に検察の追及を受けた国会議員はほとんどが逮捕や略式起訴されるなどして政治生命を失っており、政界の実力者がポストにとどまったまま、検察と全面対立するのは極めて異例の事態だ。

 田中角栄・元首相は、米ロッキード社側から首相在任中に5億円のわいろを受け取ったとして1976年7月、東京地検特捜部に外国為替管理法違反容疑で逮捕された。田中氏は74年12月まで首相を務め、逮捕は首相の座を降りてから約1年半後のことだった。

 金丸信・元自民党副総裁は92年8月、東京佐川急便関係者から金丸氏への5億円の資金提供が明るみに出たことを受け、記者会見で事実関係を認めたうえで副総裁を辞任した。直後の9月、東京佐川側から年間150万円の制限枠を超える5億円の献金を受け取ったとして、罰金20万円の略式起訴処分を受けた。金丸氏は野党などから強い批判を受け、同年10月、議員辞職を余儀なくされた。

 一方、東京地検も金丸氏を聴取せず、金丸氏からの上申書などに基づいて略式起訴に踏み切ったことで世論の反発を招き、再捜査に着手。93年3月には脱税容疑で金丸氏を逮捕した。

 中村喜四郎・元建設相は94年3月、検察から逮捕許諾請求が出たことを踏まえ、自民党を離党している。

 小沢氏が幹事長職を続投したまま検察と対決する姿勢を崩していないのは、過去のケースからみても極めて異常な状態といえる。今回の事情聴取を受け、党内からも「一種、異様だ。このままでは小沢氏と心中する羽目になりかねない」といった批判が出始めた。

法政高教諭2人が修学旅行中に体罰、2人けが(読売新聞)
「施設は本当に足りないのか?」―小規模多機能連絡会・川原代表(医療介護CBニュース)
<小1虐待死>小学校、行政側に注意喚起せず 東京・江戸川(毎日新聞)
殺人の時効撤廃へ=「完成前なら遡及」明記−法制審に見直し案提示・法務省(時事通信)
公設派遣村「否定的意見」が6割 都民の声まとめ(産経新聞)

学習机は「可変型」が人気 組み合わせ自由、インテリア性も重視(産経新聞)

 学習机商戦が始まった。最近はキャラクターや付属品は鳴りを潜め、人気は机や書棚の組み合わせが自由な「可変デスク」。必ずしも入学式に合わせて購入するのではなく、まずはリビングで勉強し、時機を見て購入する家庭も増えているという。(岸本佳子)

 ◆シンプルが主流

 学習家具を展開するコイズミファニテックのショールーム(大阪府箕面市)には学習机やイス、ベッドなどがずらりと並ぶ。一番人気は、机本体と書棚を自由に組み合わせられるタイプの「ステップアップデスク」だ。

 机と書棚を一体化してコンパクトにしたり、書棚を独立させて机の隣に並べて広々と使うこともできる。書棚と机をL字に配置することも可能だ。「机を購入したものの本の収納に困り、本棚を買い足すご家庭も多かった。それなら最初から本棚と机をセットにすればよいのでは、という発想でした」と同社商品部マーケティング課販促企画室長の中西聡さん。平成17年秋に発売し、翌年1月末には売り切れるほどの爆発的な人気となった。

 かつて学習机には鉛筆削りや時計などの付属品がついていた。最近ではインテリア性が重視され、シンプルなデザインに。一方で色使いは豊富になり、引き出し部分やワゴンの前面などにはピンク、パープル、ブルーなどの色がアクセントとして使われている。子供たちがランドセルの色に合わせて机を選ぶ姿もよく見られるという。

 ◆入学式にこだわらず

 従来、学習机商戦は1月中旬ごろにピークを迎え、3月末まで続いていた。ところが「昨年は4月に入ってからも売れていました。今年もピークのないまま来ている感じ」(中西さん)。入学式にこだわりのない家庭も増えたのではないかと推測する。

 こんな見方もある。イトーキ(本社・大阪市)の調査では、新入学児童の学習机の購入率はここ数年、減少傾向。ところが、実際に学習机を購入した人を調べてみると、1年生が占める割合は減っているが、2年生から6年生が増加していた。同社ホーム家具統括部開発課長の新田見篤さんは「低学年の間はリビングで勉強する。高学年で記憶が必要な学習が増えると学習机を購入し、子供部屋で勉強するのではないか」と分析する。

 リビングで学習する家庭が増えたことで、リビングでも違和感のないコンパクトで機能的な学習机も登場。コイズミファニテックの「リデア」シリーズは初登場の昨シーズン、好調な売れ行きを見せたという。

 新田見さんは「学習机は子供にとって、初めて自分で管理する場所」と位置づける。それだけに「子供が前向きに、机に向かいたいと思うものを選んでほしい」。中西さんも「学習机は大人になっても十分使える。長く使っていただきたい」と話している。

                   ◇

 ■シーズンオフ需要も約1割

 日本オフィス家具協会学習用家具部会によると、平成21年春の入学児童約114万5千人のうち、前年9月から4月までの間に学習机を購入したのは56・8%だった。22年は111万7千人のうち、57・7%が購入すると予測。一方、5月から8月の「シーズンオフ需要」については、昨年は9・6%で今年は9・8%と微増すると予測している。

【関連記事】
内定学生のアイデア反映、コクヨが勝てる“就活”文具
国語辞書が小学生に大ブーム ユニーク学習法がきっかけ
アイデア文具、続々 布描きペン、お掃除カーも
あなたはどっち?コクヨが書き心地の違う2種類のルーズリーフを発売
おしゃれ文具店、個人客つかむ 高いデザイン性

<神戸・女性不明>「中国籍の男が女性殺害示唆」遺棄容疑者(毎日新聞)
早期の計画段階でもアセス実施=環境影響評価法で改正案−環境省(時事通信)
今滝さん、行方不明直前はタクシーを連日利用 神戸の女性講師不明事件(産経新聞)
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初(産経新聞)
【足利再審】この日もテープ再生始まる 午後からは元検事尋問 第5回公判(産経新聞)

パナソニック電工、電気カーペットから発煙(読売新聞)

 パナソニック電工(旧松下電工、大阪府門真市)の電気カーペットの温度コントローラーが発煙するなどの事故が8件起きていたとして、経済産業省と消費者庁は25日、同社が7製品、約116万枚を対象にリコール(製品の無償交換)を実施すると発表した。

 家電製品を巡るリコールとしては、パナソニック(旧松下電器産業)が電子レンジ、冷蔵庫、電気衣類乾燥機、計約305万台を07年5月にリコールした例に次ぐ規模。

 同省などによると、対象製品は1992年2月〜2005年3月に製造され、「ナショナル松下電工」ブランドで全国発売された「ホットカーペ」「ホットカーペゆかピタ」「ホッと畳」など7製品。一部は「コープ(生活協同組合)」ブランドとしても大阪府、兵庫県内で約1万1000枚が販売された。

 同社によると、発熱などは、コントローラー内の基板上に金属粉がたまりショートするのが原因と見られるという。事故は2006年2月以降に相次ぎ、コントローラーが溶けて下の床を焦がすなどの小規模火災も3件起きている。

空自の次期輸送機試作機、岐阜基地で初飛行(読売新聞)
警官発砲、遺族の請求退ける=「市民にも危害の可能性」−奈良地裁(時事通信)
岸和田周辺でひったくり5件、同一犯か 大阪(産経新聞)
鳥取連続不審死 殺人容疑で女の逮捕状請求へ(産経新聞)
<シリーズ映画>「釣りバカ20」で消滅 製作委方式などで(毎日新聞)

融資名目、2億5000万詐取 容疑の東電元幹部ら逮捕へ(産経新聞)

 「東京電力が担保物件を提供する」などとうそを言い、事業融資金名目でリース大手「オリックス」(東京都港区)から現金約2億5千万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課と久松署は21日、詐欺と有印私文書偽造・同行使の疑いで、50歳代の東京電力元幹部と知人のコンサルタント会社社長を逮捕する方針を固めた。

                   ◇

 ■「担保物件を提供」

 元幹部らはオリックス以外の複数の会社にも同様の手口で融資を依頼、多額の現金を詐取したとみられ、同課は被害総額の特定を進める。

 同課の調べなどによると、元幹部らは平成20年夏ごろ、オリックスに対し、コンサル会社社長が経営する会社への事業融資を持ちかけ、コンサル会社と東京電力の間で合意したとされる架空の契約書を示したうえで「東京電力が保有する物件を担保にする」などとうその説明をし、現金約2億5千万円をだまし取った疑いが持たれている。

 元幹部は東京電力で勤務した後、犯行時は関連会社に再就職していた。しかし、オリックスとの交渉の場では東京電力の現職社員を名乗っていたという。元幹部が示した契約書の押印欄には、東京電力の印鑑が押されていたが、捜査2課は元幹部らが印鑑を偽造した可能性が高いとみている。

 期日を過ぎても社長側から融資金が返済されなかったため、オリックスが東京電力本社に担保物件の確認をしたことで不正が発覚。オリックスが21年5月、詐欺罪で警視庁に刑事告訴していた。

 不正発覚を受け、東京電力が内部調査を実施。元幹部は同社の聞き取り調査にあいまいな供述をしており、調査中の21年6月ごろ、関連会社を自主退社したという。

「小沢氏の潔白信じたい」=国民への説明見守る−鳩山首相(時事通信)
金沢大医師 あて先ない紹介状 中国での移植仲介業者関与(産経新聞)
世界遺産 政府が平泉と小笠原諸島の推薦を決定(毎日新聞)
千葉大生殺害、ATM男を窃盗容疑で再逮捕へ(読売新聞)
【社会部オンデマンド】東京湾第2海堡の黒煙の正体は?(産経新聞)

<神戸・女性不明>「中国籍の男が女性殺害示唆」遺棄容疑者(毎日新聞)

 行方不明となっていた神戸市の女性とみられる遺体が京都府綾部市の山林で見つかった事件で、兵庫県警葺合署捜査本部に死体遺棄容疑で逮捕された無職、中西龍司容疑者(41)らが、仲間の中国籍の男(41)=覚せい剤取締法違反罪で服役中=が女性殺害をほのめかしていたと供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は、中国籍の男と、遺棄にかかわったと供述した無職の男(37)=同法違反容疑で逮捕=の2人についても死体遺棄容疑で逮捕状を取り、死亡の経緯を調べている。

 遺体は神戸市中央区八幡通1、中国語学校アルバイト講師、今滝愛さん(当時32歳)とみられ、司法解剖の結果、損傷が激しく死因は不詳だが、年齢や身長が今滝さんとほぼ一致したという。

 捜査関係者によると、中西容疑者と無職の男は調べに対し、08年10月末〜11月初旬ごろ中国籍の男に呼び出され、普段3人がたまり場としている神戸市兵庫区の雑居ビルの一室に行ったところ、今滝さんが顔を殴られて死亡しており、中国籍の男が殺害したとの趣旨の話をしていたと供述したという。中国籍の男は2人に遺体の遺棄を指示したとされる。【村上正】

【関連ニュース
神戸・女性不明:供述通り遺体発見…遺棄容疑で男逮捕
神戸・女性不明:知人が「頼まれ埋めた」 京都の山林捜索
京都・綾部の死体遺棄:供述通り、不明女性の遺体発見 容疑で男逮捕−−京都の山中
京都・綾部の死体遺棄:容疑の男が供述「中国籍の男、殺害示唆」

<訃報>杉下雅章さん74歳=元新光証券会長(毎日新聞)
阪神大震災機に「直下型」研究 仕組み解明や都市計画活用は途上(産経新聞)
大阪府内の私立高専願率が7年ぶりに上昇(産経新聞)
耐震補強予定ない、65.5%=理由「お金かかる」が半数−内閣府調査(時事通信)
JR遮断棒折れ3.2万人影響(産経新聞)

「大声うるさい」81歳妻が89歳夫を刺殺未遂(読売新聞)

 同居の夫を果物ナイフで刺し殺そうとしたとして、岡山県警岡山南署は19日、岡山市南区下中野、無職逸見照枝容疑者(81)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、逸見容疑者は同日午前7時30分頃、入居中の高齢者専用賃貸住宅の居室で、夫の弘道さん(89)の左胸や首など数か所を果物ナイフ(刃渡り9・5センチ)で刺し、殺害しようとした疑い。弘道さんは重傷という。

 逸見容疑者は同署員に「大声を上げるなどうるさいため、疲れて刺した」などと容疑を認めている。2人は昨年6月から、この住宅に入居していた。

「小沢氏は説明責任果たせ」自民大島幹事長(産経新聞)
大久保被告逮捕 「小沢氏の相続資産」 土地購入代金、石川容疑者が供述(産経新聞)
母親の賠償請求を棄却=市の出生届不受理−離婚後300日規定訴訟・岡山地裁(時事通信)
<女性殺害>72歳朝の散歩帰り 空き地で雪に埋まり 札幌(毎日新聞)
<訃報>影山文朗さん90歳=元豊年製油会長(毎日新聞)

ハイチ支援で連携=日アルゼンチン外相(時事通信)

 岡田克也外相は15日夜、アルゼンチンのタイアナ外相と東京・麻布台の外務省飯倉公館で会談し、大規模な地震被害を受けたハイチの支援で緊密に連携していくことで一致した。また、政情が不安定なハイチに震災前から展開している国連ハイチ平和安定化派遣団の活動も強力に支援していくことを確認した。
 これに先立ち、岡田外相はタイのカシット外相とも会談。ミャンマー民主化や地球温暖化防止策などについて意見交換した。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

可視化法案、今国会提出を検討=民主・輿石氏(時事通信)
<原口総務相>メディア報道の「関係者」表現で見解(毎日新聞)
松木、樋高両衆院議員が石川容疑者の元秘書告訴を表明(産経新聞)
日航、19日に更生法申請=前原国交相と鳩山首相が一致(時事通信)
「命にかかわる事業以外は廃止」=夕張派遣職員らが意見交換−愛知県春日井市(時事通信)

トキ、本州側に飛来=2次放鳥では2羽目−新潟(時事通信)

 新潟県佐渡島で昨年9月、野生復帰を目指し、放鳥された国の天然記念物トキ20羽(1羽は保護済み)のうち、雌1羽が新潟県五泉市に飛来していることが18日、分かった。環境省によると、2次放鳥のトキが本州側で確認されたのは、昨年11月に続き2羽目という。
 同省によると、今回確認されたのは1歳の雌。18日午後2時50分ごろ、田んぼで餌を捕る姿を同省の職員が確認した。16日から同市内での目撃情報が寄せられおり、同省職員が18日から調査を実施していた。 

【関連ニュース
移送トキ、繁殖ケージに=40年ぶり「里帰り」
分散飼育で石川県へ移送=トキの雄雌4羽
トキに群れ形成の兆候=自然繁殖の期待高まる-2回目放鳥から1カ月-新潟・佐渡
放鳥トキに学生証=キャンパス近くに定着

<偽証罪>元歯科医が起訴内容を否認 羽賀研二被告の事件(毎日新聞)
拉致解決「困難だが期待」=飯塚代表ら、米特使と面会(時事通信)
9階から高1男子転落死=那覇(時事通信)
名護市長選、「普天間」首相判断に影響も(読売新聞)
【新・関西笑談】探せ未来の虎戦士(2)阪神スカウト 田中秀太さん(産経新聞)

橋下知事“大阪統一グループ”公募へ(スポーツ報知)

 大阪府の橋下徹知事(40)は16日、府と大阪市の再編を目指す“橋下グループ”の結成へ、来年4月の統一地方選の候補者を今年4月にも公募する方針を示した。府庁の移転先と位置づける大阪・南港の「大阪ワールドトレードセンタービルディング」(WTC)で開いた政治資金パーティーで言及した。

 「大阪市、大阪府を解体し、指揮官が1人の大阪をつくる。一世一代の大勝負に出ます」と熱弁をふるった知事は、「新しい『大阪丸』の船長室にしたい意気込みでWTCを購入した」と地上55階建てビルを再編後の司令塔とする方針だ。

 統一選に向け、会場内では「地方選、出てよ」と友人、知人を“リクルート”。締めのあいさつでも立候補を呼びかけ「4月から公募やりますんでよろしくお願いします」と同志を募った。橋下知事は、府議や市議のほか府内の市町村長への立候補者も募る考え。「各会派にもひとつの大阪を目指す人はたくさんいる」と、所属政党は問わず現職も対象になると語った。

 【関連記事】
橋下知事「党の政治判断」と小沢幹事長の続投発言分析
橋下知事「指揮官が1人の大阪をつくる」新政治グループ結成へ
橋下府知事のSPが倒れる
福娘来庁に橋下府知事もえびす顔「大阪を商売繁盛させましょう!!」

「隠滅と逃亡の恐れある」=ひき逃げで米兵の拘置理由開示−那覇地裁(時事通信)
文科相の団体「名ばかり事務所」経費6672万(読売新聞)
<鳩山首相>日米同盟さらに深化が肝要 自衛隊幹部に訓示(毎日新聞)
<党首討論>補正予算の月内成立条件に開催 3与党が打診へ(毎日新聞)
<人事>東京高裁長官 安倍・福岡高裁長官が就任(毎日新聞)

<自民党>青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)

 自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)は18日、松江市で記者会見し、夏の参院選島根選挙区から5選を目指して立候補する意向を表明した。同党は参院選比例代表候補の「70歳定年」を定めるが、選挙区に定年はなく、執行部は近く青木氏を公認する。ただ、党内では衆院選の敗北を機に世代交代を求める声が出ており、山崎拓前副総裁(73)ら、比例代表で公認問題の決着が長引けば、党執行部批判が強まる可能性もある。【中田卓二、細谷拓海】

 青木氏の立候補は既定路線だったが、これまで進退を明らかにしていなかった。この日、党島根県連の選対委員会の推薦を受けて表明したのは、立候補に批判的な河野太郎国際局長らの世代交代論をかわす思惑もあるとみられている。

 会見で青木氏は「選挙区には70歳定年制はない。島根県は高齢県なので、私が第一線の中央政界で活躍すると、たくさんのお年寄りにも勇気をもたらすことになる」と高齢批判に反論した。自民党は07年に島根選挙区で議席を失っており、「どんなことがあってもこの1議席を守る」と決意を語った。

 青木氏は故竹下登元首相の秘書から島根県議を経て86年参院選で初当選。官房長官、党参院幹事長、党参院議員会長などを歴任し、与党時代には「参院のドン」と呼ばれた。

 青木氏を公認する一方で執行部は、衆院選で敗れた山崎氏や保岡興治元法相(70)の参院選比例代表へのくら替えは認めない方針だ。山崎氏が求めていた18日までに結論は出せず、宙に浮いた状態が続いている。

 青木氏と近く、比例代表での立候補に意欲を示す片山虎之助元総務相(74)の処遇も焦点だ。片山氏を70歳定年制の例外として比例代表で公認すれば、山崎氏との違いは説明しにくくなる。このため妥協策として片山氏に地元・岡山選挙区で再挑戦を促す案も浮上するが、同氏は比例代表にこだわる姿勢を変えていない。

 煮え切らない谷垣禎一総裁に対し小泉純一郎元首相は12日、「困ったときは原則に返れ。はっと目が覚めるような例外なら例外もあるだろう」と助言した。執行部は24日の党大会までに公認問題を決着させる考えだ。

【関連ニュース
自民:山崎拓、保岡氏は公認せず 参院選比例で方針固める
参院選:山崎氏、参院選出馬の意思固く 自民執行部に苦悩
選挙:参院選 山崎拓氏らベテラン「出たい」 自民執行部、対応に苦慮
選挙:参院選 民主・広中氏くら替え 比例代表で立候補 /千葉
選挙:参院選 自民・中村氏、比例立候補へ 選挙区くら替え断念 /徳島

芥川賞は該当作なし(時事通信)
<戦艦大和慰霊碑>立て替えず修復 鹿児島・伊仙町が募金窓口に(毎日新聞)
センバツ 行進曲はSuperflyのバラード(毎日新聞)
被害者遺族、情報求め資料配布=発生から3年、京都精華大生殺人(時事通信)
首相動静(1月12日)(時事通信)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。